–コラム–  第一回「社内報に掲載するべき情報とは?」

 

社内報担当を任命され、お困りではありませんか?
このコラムでは、企画・取材・撮影・原稿作成・レイアウト・校正、それぞれのポイントを掲載していきます。

 

第一回
社内報に掲載するべき情報とは?

 


 社内報は会社と社員をつなぐパイプであり、相互のコミュニケーション媒体として大きな役割を担っています。社内報には以下の情報をバランスよく、社風や方針に合わせてタイムリーに 掲載することが求められます。

 

【社内報に掲載すべき10の情報】

①経営  経営方針、各部署・部門の動向、決算報告など。
②製品・技術  製品知識、新技術、研究開発など。
③業界  市場動向、ユーザー情報、同業他社の動きなど。
④教育  社員の自己啓発を促す諸情報。
⑤人事・慶弔  入社、退職、人事異動、慶弔、資格取得など。
⑥人  趣味・特技など社員の個性に関する情報。
⑦生活  福利厚生など、生活に役立つ情報。
⑧家庭  社員の家庭、家族などの話題。
⑨地域  会社や事業所周辺のローカル・トピックスなど。
⑩一般・教養  社風に合った教養記事など。

 

いかがでしたか?
次回は「読んでもらえる社内報の条件」について考えます。

 

 

社内報のネタや企画、デザインに困ったら…
社内報の “企画・取材・撮影・原稿作成・レイアウト・校正” それぞれのポイントを掲載した「社内報ハンドブック」を、ぜひご活用ください。

株式会社 創言社
企業広報誌の制作・編集は、千代田区飯田橋の創言社にお任せください!
社内報・グループ報・会社案内・各種報告書・社史・パンフレット・カタログ・ポスター・イラスト等、経験豊富なスタッフ最適なツールをご提案いたします。

【社内広報誌制作のお問い合わせは】
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル7階
TEL:03-3262-6275 (受付時間:平日9:30~18:00)
専用フォーム:http://so-gensha.com/contact-us/consultation/
ホームページURL:http://so-gensha.com/