–コラム–  第二回「読んでもらえる社内報の条件とは?」

 

社内報担当を任命され、お困りではありませんか?
このコラムでは、企画・取材・撮影・原稿作成・レイアウト・校正、それぞれのポイントを掲載していきます。

 

第二回
読んでもらえる社内報の条件とは?

 


 せっかく社内報を発行しても、読んでもらえなければ意味がありません。
では、読者が興味を持つ社内報とは、どんなものなのでしょうか。

 

【読んでもらえる社内報の条件】

①発行日が定期的
毎号決まった日に発行を続けている。

②情報を適切に開示している
会社の現状、経営方針など、社員が知っておくべき情報をタイムリーに開示している。

③社員の誌面参加度が高い
数多くの社員が、毎号に多数登場している。

④企画が斬新
ありきたりな内容ではなく、工夫を凝らした企画や、これまでにない切り口の企画が掲載されている。

⑤ビジュアル効果が高い
写真やイラストを豊富に、かつ効果的に使用している。

⑥自由度が高い
タブーを軽減し、本音で語れる包容力がある。

 

いかがでしたか?
次回は「スケジュールと発行サイクル」について考えます。

 

 

 

社内報のネタや企画、デザインに困ったら…
社内報の “企画・取材・撮影・原稿作成・レイアウト・校正” それぞれのポイントを掲載した「社内報ハンドブック」を、ぜひご活用ください。

株式会社 創言社
企業広報誌の制作・編集は、千代田区飯田橋の創言社にお任せください!
社内報・グループ報・会社案内・各種報告書・社史・パンフレット・カタログ・ポスター・イラスト等、経験豊富なスタッフ最適なツールをご提案いたします。

【社内広報誌制作のお問い合わせは】
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル7階
TEL:03-3262-6275 (受付時間:平日9:30~18:00)
専用フォーム:http://so-gensha.com/contact-us/consultation/
ホームページURL:http://so-gensha.com/